家族旅行と歴史の人生放浪記@白桔梗

アクセスカウンタ

zoom RSS 所沢市民フェスティバル(第36回、10/24・25)その2 悲願のYS11見学

<<   作成日時 : 2015/10/25 20:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像



「第36回 所沢市民フェスティバル」に出かけたお話です。
第2回目は、僕のメインディッシュたるYS11を観てきたお話です。


YS11のお話


戦後ニッポン初めての国産旅客機「YS11」は、旅客機としてはとっくに引退しましたが、2015年現在でも航空自衛隊で活躍している機体です。

今回のイベント会場たる「航空記念公園」最寄駅「航空公園駅」に、この機体(エアーニッポン塗装、JA8732)が展示されています。多くの人が画像を上げているので、特に珍しくないとは思いますが。

年に数回、このYS11の機内が公開されます。今回のイベントにおいて、公開されるのです。僕はこれまで観たことがありませんでしたので、今回これを是非観てやろうと思い立ったのです。そうして、ついでにイベントにも参加してきたのです。

駅を出たらもう右斜め前方に、YS11は佇んでいます。イベント開始と同時に公開も開始されるので、僕は側でスタンバっていました。


YS11の見学


画像
西武新宿線「航空公園駅」



航空公園へは、電車を乗り継いでいってきました。また、当初僕独りで行こうと思いましたが、お祭りということで子どもらも連れていきました。

「航空記念公園」は、駅を出てすぐ目の前にあります。近所には、市役所・郵便局・警察署など所沢市のメインたる建物も並んでいます。


画像
航空記念公園・入口看板



航空公園への入り口のすぐ近くに、YS11はいます。
到着したときは、冒頭の画像のように公開準備中でした。

間もなく公開開始時間となり、僕はYS11の機内を見学してきました。
撮影したもののうち、一部を並べておこうと思います。残りの画像は、僕の航空機ブログにでも載せておこうと思います。


画像
YS11の座席の様子


画像
YS11のコクピット



機内の見学は、後方ドアから入って前方ドアから出ていく流れ作業でした。
あまりゆっくりと観ることはできませんが、何ならもう1周してくればいいのです。

機内では、座席の様子とコクピットを観ることができます。
また、機体周辺をぐるっと歩くことができるので、間近でじっくりと旅客機を眺めることができるのです。

YS11は、今で言うリージョナルジェットと同じような大きさです。なので、現代の旅客機(例えばボーイング737−800とか)に比べると、とても小さいです。ですが、間近で観るとそれなりの大きさを体感できます。


以前この機体のプラモデルを作りましたが、作る前に一度観に来ればよかったと思いました。細かい部分とか、結構実機が参考になると思ったので…もう遅いけど。


さあ、次回はフェスティバル会場でのお話です。

にほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ
応援よろしくお願いします^^


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
所沢市民フェスティバル(第36回、10/24・25)その2 悲願のYS11見学 家族旅行と歴史の人生放浪記@白桔梗/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる