東京ディズニーリゾート旅行記2014夏 その14 旅行記まとめ

画像




2014年夏。
東京ディズニーリゾートに開園から並び、猛暑の中1日過ごしてシェラトンに1泊するという内容で過ごしました。
今回は簡単に振り返っておこうと思います。


最初に、今回思ったパークでのことを挙げておきます。


熱中症対策は必須


夏のイベントに参加する場合には、日除けグッズが必須なことを痛感しました。
僕は普段、帽子をかぶる、日傘を差すなどの日除けは全く興味がないのですが、何も隠れるところのない場所が多い東京ディズニーランド/ディズニーシーにおいて、これは非常に重要で必須のアイテムなのだと悟りました。

普段あまり開園ダッシュはしないので、これまで実感してきませんでした。
近年陽射しが一層強まっていますので、注意したいところです。子どもなど、茹でダコのようになっていましたから・・・


そして、飲み物も常時持ち歩くのがいいと思います。
園内割と多くの場所でPETボトルを販売しており、売り切れなどの事態はないので持ち込まなくてもいいと思います。
その都度購入して持っておけばいいかな、と。一部、クーラーボックス持参の人も見かけましたが、アレは嵩張るので一概におススメする気にはなれません。



朝一はボーナスタイム


前に開園ダッシュしたときも、これを実感しました。
というのも、だいたいイベントどきのTDRにおいては、朝一で何をするかというと、大抵の場合イベントの席取りなどから始まります。アトラクションは、結構手薄になっている場合が多いのです。
例えば以前、あのスプラッシュマウンテンが全く待たずに行ってそのまま乗れたということもあります。



以上二点について、強く感じたので書いておきました。
次は、旅としての感想です。



やっぱりおっさんは無理しない方がいい


白桔梗はアラフォー少年を自称していますが、やっぱり体力は年々衰えていくものです。
なので、開園ダッシュ~閉園までいるというのは大変な労力になります。
楽しみたいのに疲れが先に立ってしまう、という悲しいことになるのです。

やっぱり、宿泊はTDR旅行に欠かせないオプションです。
近年ホテルの宿泊料金は値上がりの傾向にありますが、よくよく調べると、そしてホテルをえり好みしなければ結構自由の利くプランがまだまだ転がっています。
白桔梗は、ちょっと高くつきますが無理をしない方向でいくのがいいと、つくづく思いました。



これで、東京ディズニーリゾート旅行記2014夏は終わりです。
お付き合いいただき、ありがとうございました。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント