東京ディズニーリゾート旅行記2014夏 その7 【悲報】キャプテンE.O.消滅 ほか

画像




今回の東京ディズニーリゾートツアーは、7月後半といえど猛暑日の炎天下のなか実施しました。
ディズニーランドにおける夏のイベント「ディズニー夏祭り」には、開園ダッシュを食らわせて午前中1回目の観戦に成功しました。

この時点でまだ時間は、午前10時過ぎ。ここから目いっぱいパークで遊ぶことができるというわけです。
結果から言うと、アトラクションだけでも10個くらいは体験したので、1日居た分は楽しめたのではないでしょうか。特筆することがあれば、追々記事にしていくことにします。

ちなみに、夜のイベント「ワンス・アポン・ア・タイム」の抽選には、早々に外れました・・・

なお、今回ディズニーランドに来た時点で利用不可能だったアトラクションがあります。それは以下の通り。他にもやっていないショウなどあったかもしれません。



キャプテンE.O.、終わる。


これは非常に残念です。TDRにやってくるとき、ディズニーランドを選択したならまずマイケルに会いに行くのが僕の中では定番イベントだっただけに、その終了は非常に残念です。まあ、ご存じの方は多いと思いますが、単にマイケルが躍るのを見ることができるだけという簡単なアトラクションです。それがよかったのに。まあ、不人気みたいだったからしょうがないですね。


思えば、開園時からある古参のアトラクションというのも随分少なくなりましたよね。今すぐに浮かぶので現役の古参アトラクションといえば、「スペースマウンテン」「カリブの海賊(リニューアルこそしましたが)」「マークトゥエイン号」「イッツアスモールワールド」「グランドサーキット」と、あと何かあったようですが忘れました。ともかく、どれもこれもノスタルジーたっぷりの「これぞディズニーランド!」という風情が残っていていいですね。ああ、マイケルェ・・・



ジャングルクルーズ


思えば近年もっとも陳腐化したアトラクションだったのではないでしょうか。これも古参のアトラクションのひとつですが、近年はガイドさん(船長)が低レベル化していて、気まずい雰囲気を何度も感じたものでした。まず、話すことがテンプレ化しているので、生身の人間がやっている意味がない。そして、どうも慣れていない人が多かったらしく、ところどころ微妙な空気が流れていたのを思い出します。


秋にはリニューアルが完了するようですが、最後にこれを体験したのは昨年2013年の暮れでした。その時は船長さんが噛み噛みで、もう目も当てられない感じだったのを覚えています。リニューアルを聞いて、さもありなんと思ったところです。生まれ変わることを期待しています。




ということで、今回この2つはパスということになりました。マイケルに会いに行くことについては、家族からは不評だったのでまあ、しょうがないです。ジャングルクルーズについては、ハロウィンで行ったときにでも確かめてきますよ。

これから定期イベントで、「イッツアスモールワールド」と「ホーンテッドマンション」がちょいちょい休止になる季節になります。なので、今のうちに体験しておいてもいいかもしれませんね。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック