家族旅行と歴史の人生放浪記@白桔梗

アクセスカウンタ

zoom RSS 旅行をしている夢を見た

<<   作成日時 : 2014/12/20 08:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像



僕はちょいちょい、旅行している夢を見ることがあります。
おそらく、旅にたいする願望というか思いのようなものが強いのでしょう。

内容は、実際にした旅行の後追いもあれば、全く関係ない場所のものもあります。後追いの場合は、頻度の多いTDRが出てきやすいでしょうか。ホテルなど宿泊施設にかんしては、海外のものを見ることが多いです。
日ごろ、あまりいい夢を見ない白桔梗にとって、旅行の夢は見たあと大抵の場合は楽しい気分にさせてくれる貴重な存在です。


今朝も、そんな旅行の夢を見ました。
記憶が断片的なので印象に残った部分しか覚えていませんが、それをここに書きだしてみようと思います。


今朝見た旅行の夢


おそらく日本国内ではないかと思います。そして、半分修学旅行のようなノリの旅だったかと。何故なら、周囲にいた人間は同級生っぽかったので。
食堂らしき場所で、僕だけ何故かやけに忙しくしているんですよね。部屋に荷物を整理しに戻ったり、いきなり手を洗いに行ったり。この夢では、どこか観光に出かけたとかそのようなシーンが皆無でしたので、ちょっと残念。


もうひとつ旅行らしい夢を見ました。
そこ寂れた観光地らしいです。何かの手違いで、僕は独りスイート級の部屋に案内されました。どうやら海外のリゾート地らしいのですが、山間のその土地は何だか日本国内っぽい印象でした。

どうやら僕の宿泊する部屋は、離れにあるようです。斜面を登ってたどり着いた先は、鬱蒼と木々のしげる中にありました。昭和40年代のボロアパートのような建物で、僕の部屋はドアの鍵が壊れていました。これでも、ここではお値段の張る部屋らしいです。

その後、嫁と合流し一緒に歩きました。周囲は岩肌の目立つ山間の地でした。出店がチラホラありましたが、そこにはグアムやサイパンで見かけるような色黒の兄さん姉さんが商売をしていました。特に絶景とか名所とか、そういった場所はなかったようです。

とある出店で、コーヒーを買うことにしました。嫁がどうしていいのかわからなさそうにしていると、お店の兄さんが日本語と英語交じりの言葉で教えてくれました。どうやら嫁は、軒先にあるコーヒーマシンのオモチャで一生懸命コーヒーを出そうとしていたようです。


このくらいしか覚えていませんし、何だかあまり面白くないですね。すみません。覚えているときは、結構詳細に覚えていて時には感覚も残っているくらいですが、今日は体調が今ひとつということもあってあまり記憶に残っていませんね。冒頭に書いた、忙しくしていた感覚だけは残っていますが・・・

ということで、珍しく夢の話を書いてみました・・・


にほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ
応援よろしくお願いします^^


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
旅行をしている夢を見た 家族旅行と歴史の人生放浪記@白桔梗/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる