家族旅行と歴史の人生放浪記@白桔梗

アクセスカウンタ

zoom RSS 羽生水郷公園に行ってきたので

<<   作成日時 : 2014/11/23 23:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
さいたま水族館からの眺め。



息子が、ここ羽生水郷公園内「さいたま水族館」で開催の【古代魚展〜古代からの使者】に行きたがっていたので、我が家から遠いところを一念発起して出かけてまいりました。

☆参考:古代の海へタイムスリップ「古代魚展」開催中 さいたま水族館


さいたま水族館でのひととき


画像
さいたま水族館のニシキゴイたち



我が家からは、ここ羽生市まで3時間近くクルマを走らせる破目になりました。
まあ、東京ディズニーリゾートに行くと思えばそう遠くは感じないものです。
が、何しろ未知の領域なので、久々にナビに頼ってドライブしました。

さいたま水族館は、羽生市にあります。
もうちょっと北上すると、利根川を越えて群馬県と接している場所です。
真東の方向へ行けば、茨城県古河市にぶつかる、そんな位置にあります。

☆参考:さいたま水族館ホームページ

で、難なくそこまでたどり着いたのはいいのですが、この日はたまたまこんなイベントが。

☆参考:キャラクターサミット2014in羽生(ゆるキャラ情報局)

この会場が、同じ敷地の羽生水郷公園だったので、周辺は大混雑。
駐車場に入るまでに一苦労あったうえに、普段無料の駐車料金が1000円徴収。
一瞬「ハァ?」と思いましたが、その代わり水族館は無料開放していたので差し引きほぼゼロに。
まあいいかと思い、何とか到着しました。


古代魚展ほか


画像
そしてまたニシキゴイ・・・



無事さいたま水族館にやってきた僕ら。
ゆるキャラサミットの客で、こちらもごった返していました。

水族館じたいは別に何の変哲もない小規模のものでした。
どうやら、土地の利を活かした、淡水魚専門の場所のようです。

この一角で、上記【古代魚展】が開催されていました。
アロワナやピラルクなど、古代からのDNAを受け継いだ魚たちがそこにいました。
息子はテンション爆上げで見ていました。来た甲斐があったというものだ・・・


画像
例えばこんなようなお魚がいました。



しかしそもそも大きくない水族館の、ほんの一部のコーナー。
息子はすぐに見飽きてしまったようです。アレ?
さらに悪いことに、息子は海のいきものに興味があるようで・・・


画像
アユの大群


画像
他にもこんなようなお魚たちがいました。



早くも飽き気味の息子でしたが、亀との触れ合いコーナーを発見して再びテンション爆上げ。
何度催促しても戻ってこないくらい、亀と戯れて遊んでいたようでした。


それから、屋外でこんなものをやっていました。

画像
息子の足と、角質に群がるお魚たち



お魚セラピーと称して、四角いスペースに足湯よろしく足を突っ込み、お魚に足の角質をパクパクしてもらうものでした。1人1回5分300円。
なお、息子は楽しそうに、くすぐったそうに時間を過ごしていました。

基本的に水のいきものは好きな息子なので、何だかんだ楽しんでいたようです。


ついでにキャラクターサミットも覗いてみた


3時間もかけてやってきたのに、肝心の水族館見学が1時間足らずで終わってしまいました。
このまま帰るのももったいないので、隣りで開催中の「キャラクターサミット2014in羽生」も少しばかり覗いてきました。

全国各地のゆるキャラが集結していたようですが、主に2番手3番手の知名度のゆるキャラが集合していたようです。ふなっしーなどの知名度抜群のキャラは、見かけませんでしたね。

生憎会えませんでしたが、ここにはあのサイパンだ!も参戦していた模様。
ゆるキャラごとにブースがあるのですが、サイパンだ!のブースに行ったらこんなものをくれました。


画像
サイパンだ!マスク(何故マスク・・・)



なお、サイパンだ!については以下のリンクにプロフィールが載っています。

☆参考:サイパンだ! マリアナ政府観光局

ついでに、僕の「サイパン旅行記」にも登場しています。

☆参考:サイパン旅行記@白桔梗.com 第21話


まあ、そんなところです。
随分お散歩をしてしまいましたが、広々としていいところでしたよ。


にほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ
応援よろしくお願いします^^


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
羽生水郷公園に行ってきたので 家族旅行と歴史の人生放浪記@白桔梗/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる