家族旅行と歴史の人生放浪記@白桔梗

アクセスカウンタ

zoom RSS 伊香保の関所は白桔梗毎度お馴染み訪問スポット

<<   作成日時 : 2014/04/27 13:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

白桔梗です。



近年ちょっと疎遠になっているとはいえ、わたくし白桔梗にとって群馬県伊香保温泉とは、非常に馴染み深い、思い入れのある土地であり、また思い出のいっぱい詰まった場所でもあるのです。ここのところ続けて伊香保関連の思い出で更新を重ねているのは、何となくではありますがこうした伊香保での記憶をどこかに記録しておきたいからだと思われます。


さて。今回もまたまた伊香保でのお話。
伊香保といえば、大抵訪問コース取りが決まっていたのが近年の傾向です。単純に再現しますと、まず伊香保手前で何か遊びに興じ(例えば「システィーナ美術館(閉館したらしいですね)」「伊香保グリーン牧場」など手前の施設で遊ぶ)、その後石段街をお散歩したりランチしたりして、宿泊予定の宿に夕方を目安にチェックインするというパターンですね。そう、伊香保温泉に足を踏み入れて最初にやることは、かなりの確率で「石段を歩く」という行為なのでした。


※ここで気になったので「伊香保システィーナサンエイ&猿劇場」についてリンクを貼っておきましょう。

「伊香保システィーナサンエイ&猿劇場」

いやあ、閉鎖しましたか。残念ですね。また違う記事にてここでの思い出について触れたいと思います・・・


何度か書いていますが、我々はクルマで伊香保に訪れて、石段から少し離れた大きな駐車場に停めていきます。前回と被りますが、そこから関所やハワイ公使別邸などを通って石段に行き、時には頂上の伊香保神社を参拝したり、時期が合えば「ハワイアンフェスティバル」を観戦したりと、その時々によって石段の楽しみ方はさまざまです。しかし、石段の割と下の方に刻まれた「君死にたもう事なかれ」は未だ嫁子どもには理解されていません・・・


石段の手前に関所があるのですが、ここにも何回か訪問しています。当時幼児だった子どもらのいい遊び場所になっていました。時代劇好きの白桔梗としては、嬉しい限りですね。

なお、伊香保の関所に関しては、群馬県渋川市のホームページから概要と案内とを引用して提示しておきます。

伊香保関所 (いかほせきしょ)

寛永8年(1631)幕府の命によって設けられた三国街道裏往還の関所を復元。当時の関所は間口5間のかやぶき屋根の建物で、現在併設された資料館では当時の通行手形や古文書、武具などが見られます。


●所在地渋川市伊香保町伊香保甲34
●交通関越自動車道渋川伊香保ICから約25分
●営業時間9:00〜17:00(11〜3月は〜16:30)
●料金無料
●定休日第2・4火曜日

※赤字部分は白桔梗による挿入です。

※引用元リンク:http://www2.wind.ne.jp/heso/ihaho_spa/



思えば今までこうした案内的なことは記載していませんでした。というのも、白桔梗がわざわざやらなくても、他のWEBサイトやブログなどで充分紹介されているからと考えてのことです。

しかし、自分で振り返るときに再び参照するのに検索しまくるのも時間の無駄だな、とも思いまして。

ということで、今回試験的に外部サイトの案内を出したり引用をしてみたりしました。


















にほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ
応援よろしくお願いします^^


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
伊香保の関所は白桔梗毎度お馴染み訪問スポット 家族旅行と歴史の人生放浪記@白桔梗/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる